ゼニカルの適切な飲み方

ゼニカルの適切な飲み方

ゼニカルは食べる前に飲む

ダイエットが成功できないと悩む人は、肥満治療で痩せられる可能性があります。肥満治療薬は、ゼニカルが代表的です。この薬を飲めば、食事からとれる脂分を大幅にカットできるので、脂分が濃厚な食事を摂っても太りにくくなります。

ゼニカルの飲み方は食事中、もしくは食後1時間以内に水やぬるま湯と一緒に服用します。
まず、飲む量は1回1錠です。そして、飲む回数については、1日3錠までとなっているので、回数もきちんと守りましょう。そして1日3回までならどのタイミングで飲んでも良いというわけではなく、次の服用までは2時間以上開ける必要があります。

また、飲み忘れたからといって、まとめて飲んではいけません。ゼニカルは優れた薬ですが、食後2時間以上経つと、効き目は出ないのです。1日3回まで飲めますが、1回に3錠まとめて飲んではいけません。1回の服用では1錠を守るようにしましょう。

ベストなタイミングとしては、食後1時間以内が良いです。その理由としては、食べ物の栄養が吸収されるタイミングとゼニカルの効能が発揮するタイミングがうまく重なるからだと言われています。3時間も経つと最初に口に入れた食べ物は分解され体に吸収されるので、ゼニカルが効きません。

食事会や飲み会などで食事が長く続く場合は、一番脂っこいものを食べたタイミングで飲むと良いでしょう。ゼニカルとアルコールは併用しても問題ありません。食前に飲むことは推奨されていませんが、飲んでから1時間から2時間は効き目があります。食前に飲む場合は飲んでから1時間以内に食事を摂るようにすると良いでしょう。2時間以上経つと、効き目が得られなくなってしまうので、服用するタイミングは間違えないようにしましょう。

ゼニカルはシクロスポリンなどと相性が悪い

ゼニカルは安全性の高い薬で世界でも広く使われています。しかし、飲み合わせの悪いものもあります。

飲み合わせが悪い薬があると、思うような結果が得られないこともあります。時には、相性の悪い薬を併用することで、体調を悪化させてしまう可能性があるのです。現在、医療機関で処方されている薬は安全性は確保されており、正しく服用すれば効果が得られます。

また、現在治療中で、何らかの薬を飲んでいる人は注意が必要です。
医療機関で処方してもらう際も、健康状態や飲んでいる薬については正直に医師に話しておきましょう。

ゼニカルと飲み合わせの悪い薬は、シクロスポリンです。シクロスポリンは、臓器移植のための拒絶反応を抑える薬となっています。この他では、ワルファリンのような凝血剤や、抗てんかん薬とも相性が悪いです。このほかでは、甲状腺機能低下症などの治療に使われているチラージンとも相性が悪いです。

こうした薬を飲んでいる人は、ゼニカルの使用は控えたほうが良いとされています。他にも相性が良くないものがある可能性があるので、服用する前にはしっかりと確認しておきましょう。勝手な判断で飲んでしまうと、思わぬトラブルが起きる可能性があります。

現在治療中の人も、特に問題がないと判断されれば薬を続けていくこともできます。しかし、もしゼニカルを服用して何らかの体の変化があった場合は、薬の服用は一旦中止し、医師に相談しましょう。薬の影響で体調に変化がある場合は、やはり中断したほうが良いでしょう。体調の変化が薬ではなく、別の原因である場合はその原因を確かめていく必要もあります。

医師に相談してみて、薬の服用が好ましくないと判断された場合は、ゼニカルでのダイエットは諦めたほうが良いでしょう。ダイエットは薬を使わなくても食事の見直しや運動でもある程度の結果は期待できます。自身の体調に合わせて最適な方法を選びましょう

妊婦・授乳婦はゼニカル厳禁!ほかにもゼニカルを飲まないほうが良い人を紹介

ゼニカルは安全性に優れ、多くの人のダイエットの悩みに対応してきた薬です。とはいえ、誰もが安全に使えるというわけではありません。

まず、ゼニカル以外の薬でも言えることですが、妊娠・授乳中の人は飲める薬は限られています。妊娠中は、胎児への影響もあり、妊娠中はどうしても体重は増えていきます。そのため、薬を使って無理に体重を落とす必要はありません。そして、妊娠中は体調も変化しやすいので、不要な薬はできるだけ避けましょう。

妊娠中は体重が増えてしまいがちですが、薬ではなく、運動や食事療法でダイエットしましょう。
出産が終われば産後ダイエットに活用したいと考える人もあるかもしれません。

ただし、薬は母乳にも薬の成分が出てしまう可能性があります。授乳中は控えておきたいところです。産後太りは、早めに改善したいところですが、授乳中は多くの栄養素も必要です。ダイエットはあまり過剰に考えずにしっかりと栄養を摂るように心がけましょう。

産後にゼニカルを再開する場合は体調が整い、授乳が済んでからがおすすめです。そして、薬の再開のタイミングも担当の医師に相談しておくとより安心です。このほかでは、アレルギー体質の人もゼニカルが飲めない可能性もあります。アレルギー成分が含まれている可能性もあり、服用前にはしっかりと確認しておくことが大切です。さらに医師に相談しておくとより安心なので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

そして、ゼニカルは、肝臓や腎臓に負担が掛かることになります。すでに肝臓・腎臓に何等かの疾患がある人は、利用前に医師に確認しましょう。このほかにも、消化吸収の面で問題がある人や、胆石症がある人もゼニカルの服用は推奨されていません。

他にも、アレルギー体質の人は、ゼニカルの服用は控えたほうが良いです。ゼニカルは、健康的にダイエットできることが目的の薬です。健康に不安がある人は、しっかりと医師に相談しましょう。