ゼニカル

ゼニカルの副作用と気になる噂の真相を解明

ゼニカル、飲んでみたいけど副作用が怖いなぁ……油漏れってそもそもなに?

安心してください!ゼニカルは決して副作用が重い薬ではありません。ちゃんと対策すれば、問題なく服用できますよ!

この記事では、ゼニカルの主な副作用と諸症状について解説しています。また、ゼニカルの副作用じゃないか?と噂されていることの真偽まで徹底解明。加えて、ゼニカルの副作用の対策方法と実際の体験談まで完全解説しています。ゼニカルを飲みたいけど副作用が不安だ、という人は、ぜひ参考にしてください。

ゼニカルの代表的な副作用

ゼニカルの代表的な副作用は、胃腸に関するもののほか、ビタミン不足です。

ゼニカルは安全性の高いダイエット薬で、アメリカのFDAからも認可を受けています。しかし、医薬品である以上、副作用は少なからずあります。ゼニカルを飲むとどんな副作用が起こり得るのかを予め知っておいて、より安全にダイエットに取り組みましょう。

ゼニカルの主な副作用は、以下に分類できます。

  • 胃腸に関するもの
  • ビタミン不足
  • その他の諸症状と噂

それぞれ見ていきましょう。

胃腸に関する副作用がメイン

ゼニカルの副作用のなかで、最も頻繁に見られるのは胃腸に関する症状です。ゼニカルは、消化不良のような状態を意図的に作り出す薬なので、胃腸への負担がどうしても大きくなります。胃腸に関する副作用では、以下のものがあります。

  • おならの回数が増える
  • 排便の回数が増える
  • 油漏れ

副作用のひとつとして、おならがよく出るようになります。日常でも、おならが出るのは自然な現象です。しかし、ゼニカルの服用中は、おならの回数や量が明らかに増える傾向があります。

また、ゼニカルを飲むことで、排便の回数が増えます。おならの有無に関わらず、便意を急に感じる機会も増えるでしょう。また、強烈な便意を頻繁に感じるようになり、便失禁につながることもあります。

便失禁はやばい!

下痢や軟便などは、いずれも一過性の症状なので、過剰に心配する必要はありません。しかし、おならが増えることにより、その勢いで便も一緒に出てしまう弊害もあります。

また、便が油まみれになったり、更に油が肛門から知らない間に漏れてしまう“油漏れ”などが生じます。これは吸収されなかった脂肪分が排泄されている証拠ですが、対策を怠ると、悲惨な事になります。

胃腸関連の副作用は、早ければ1週間ほどで治まります。長くても3カ月以内には症状が治まることが多いようです。ゼニカルを飲み慣れてくれば、胃腸の不快感も減ると考えられます。

ビタミン不足

ゼニカルの服用中には、ビタミン不足にも陥りがちです。

ゼニカルには、脂肪分の吸収を邪魔する性質があるので、脂溶性ビタミンも吸収せずに排出されてしまいます

脂溶性ビタミンとは、ビタミンA・D・E・Kのこと。

脂溶性ビタミンが不足すると、肌荒れるなどの症状が引き起こされます。ゼニカル服用中は、ビタミン剤などを服用した方が良いでしょう。

その他の諸症状と噂

その他にも、ゼニカルの副作用には、肝臓や腎臓の障害、胆石症などの深刻な副作用が稀に起こるケースもあります。
なお、生理不順や頭痛、めまい、吐き気、だるさなども、ゼニカルの副作用として起こると言われています。

しかし、これらの副作用は、ゼニカルを服用したことで生じたのか、その因果関係ははっきりしていません

いずれの症状もダイエット中によく出る症状なので、ゼニカルの成分や作用とは無関係に起こっている可能性が高いでしょう。

副作用の症状がひどい場合、ゼニカルの服用は中止して医療機関を受診してください。

ゼニカルはきちんと飲んでいれば安全

ゼニカルを正しく飲んでいれば、生命にかかわるような副作用はほとんど起こりません。

ゼニカルの副作用のなかでも、肝不全を心配する声が多いとされています。アメリカでは重篤な肝障害の副作用について、ゼニカルのラベルに記載しているからです。症状の重い肝障害は30件以上も見られており、そのうち死亡例は2件、肝臓の移植をした例が3件ありました。

え、やばいじゃんゼニカル
と、思うでしょう?でも、これ根拠がないんですよねー

ゼニカルは海外の12か国に普及し、服用している人が4,000万人以上います。これほど大勢の人が服用しているにもかかわらず、重篤な副作用が数件しか出ていないので、むしろゼニカルの安全性を証明しているとも言えるのではないでしょうか。

というより、肝障害の症状は、ゼニカルとの因果関係が明確になっていません

つまり、ゼニカルのせいで死に至った人がいるかどうかはわからないのです。もし本当に死亡するリスクが高ければ、販売が中止になっているでしょう。しかし、現在もゼニカルは販売されているので、よほどのことがない限りは重い副作用が出ないと考えられます。

薬やサプリメントを飲むと、肝臓への負担は必ず増えます。

これはゼニカルに限ったことではありません。また、薬やお酒を同時に大量に飲むと、肝機能障害が起こりやすくなるでしょう。肝臓の機能がもともと弱っていれば、ゼニカルを飲み始めたことがきっかけで悪化するかもしれません。

肝機能障害が起こる可能性も考え、負担をできるだけ減らすライフスタイルを心がけましょう。

ゼニカルは1回1錠で、1日3回までの服用と決まっています。これを守らずに1日にたくさん飲むと、肝障害が起こりやすくなるので注意が必要です。

ゼニカルをたくさん飲んでも早く痩せることはありません。必ず1日の服用量を守りましょう。また、ゼニカルを飲んではいけない人もいるので、そういった注意点も把握しておくことが大切です。

ゼニカルのビタミン不足や油漏れの対処法

上述した通り、ゼニカルには油漏れやビタミン不足の副作用があります。それぞれの対策を詳しく見ていきましょう。

ビタミン不足対策はマルチビタミンで!

ビタミン不足は、ビタミン剤を飲むことで対処しましょう。ゼニカル服用中に失われやすい脂溶性ビタミンを含むビタミン剤が必須です。ビタミン剤を選ぶ際は、ビタミンAやビタミンEなどが含まれているか確認しましょう。

マルチビタミンのサプリを飲んでおけば、ほとんどのビタミンを摂取できるので安心です。

ビタミン剤を摂取すれば、肌荒れも防げます。

しかし、ゼニカルとビタミン剤を同じタイミングで飲んでしまうと、肝心のビタミンがカットされてしまいます。ゼニカルを服用してから2時間ほど空けて、ビタミン剤を飲むのがポイントです。

  • ゼニカルとビタミン剤を同じタイミングで飲んでしまうと無意味
  • ゼニカルを服用してから2時間ほど空けてビタミン剤を飲む

油漏れ対策はナプキンかオムツ

ゼニカルの油漏れの対策は、生理用ナプキンかオムツを使用しましょう。

「おならがよく出て困る」「おならと一緒に便まで出そうで外出中ひやひやした」といった経験は、ゼニカルを服用しているとよくあります。おならは周りに気づかれないように出すしかありませんが、便まで出てしまって、社会的にお先真っ暗になってしまいます

もし会社でうんちを漏らしたら……人生が終わる

外出中なら、おならが出るたびにトイレへ行くのが難しいシチュエーションも多いでしょう。この対策としては、生理用ナプキンをしたり、大人用オムツを履いたりといったことが挙げられます。

おならとともに油や便が出てしまっても、ナプキンなどで受け止めれば、下着が汚れないので安心です。

少し恥ずかしく感じるかもしれませんが、下着は誰に見られるものでもありません。最低限の対策だけはしておいたほうが良いでしょう
でも、デートの場合はどうしたら……

デート前は服用を控えた方が安牌かと思います!

デートを予定しているのであれば話は別です。デートに向けてダイエットしているとしても、3日前にはゼニカルの服用を一旦止めましょう。

おならはともかく、デート中に便が出てしまっては、大事件です。デートのギリギリまでゼニカルを飲まなくて大丈夫なように、計画的に痩せることをおすすめします。

また、脂肪の量が多い食事をとっていると、下痢や軟便などの副作用が起きやすくなります。油漏れを防ぎたいなら、油分を控えめにして、胃腸にかかる負担を減らすことも大切です。

「ゼニカルを飲んでいるから大丈夫」と暴飲暴食を続けるのと、健康を損ねる原因にもなりかねません。副作用を回避するためにも、なるべくヘルシーな食事を心がけるのが理想的です。

ゼニカル服用期間は、ビタミン不足や油漏れは避けられない。これらの対策を行うことで、快適なダイエットが可能となる。

実際にゼニカルを服用した際の副作用の具合(管理人の体験)

先日管理人もゼニカルを服用して試してみたので、その実際の体感について記載します。

ゼニカルを服用した初日、牛丼を食べましたが、油漏れや下痢などもなく、ほとんど実生活に影響がありませんでした。若干お腹がゆるくなったように感じましたが、油が全く出ず、若干ゼニカルの効果に不信感を抱いたほどです。

しかし、翌日にゼニカルを服用してからファーストフードとラーメンを食べてからの効果は絶大でした。便と一緒に油が出るのではなく、油だけが出るという感覚です。その際、お腹が痛くなるわけでもなく「ちょっとトイレに行っておこうかな」という時にトイレにいくと、出ました。

感覚としては、お腹が痛くない下痢です。

また、一番気になっていた油漏れに関してですが、油漏れはありませんでした。お尻の力を緩めれば出ますが、お尻に力さえ入れていれば、漏れる事もありません

この事から、ファーストフードやラーメンのような、油分の多い食事を取らない限り、あまり油を排出する効果が出ない可能性が高いと思われます。

ただし、これはあくまでも管理人の体験です。効果や副作用の度合いは、人それぞれによって異なるので、あくまでも参考程度にして下さい。また、フライドチキンや中華料理など、もっと油分の多い食事を取れば、油漏れの危険や、腹痛のリスクも上がります

念の為、ナプキンやオムツなどで対策をしておいた方が良いでしょう。

まとめ

ゼニカルの代表的な副作用は、胃腸に関するものやビタミン不足です。主に、おならや排便の回数が増えたり、油漏れをしたりします。また、油を排出する事から、脂溶性ビタミンまで排出してしまい、ビタミン不足に陥る可能性があるのです。

他には生理不順や頭痛、めまいなどの副作用があると言われがちですが、ゼニカルとの因果関係は明らかになっていません。同じく、肝障害の症状とゼニカルの因果関係も不明です。

ゼニカルの副作用の対策は、ビタミン不足に対してはマルチビタミンなどのサプリを服用しましょう。また、油漏れに関しては、ナプキンかオムツなどで対応すると安全です。