ゼニカルの購入は病院か海外通販

NO IMAGE

ゼニカルは国内の病院や通販で購入できる

ゼニカルは日本では承認されていない医薬品です。そのため、海外では肥満治療薬として使用されていても、薬局などでは購入することはできません。ただ、手に入れる方法はあります。

まず、病院で処方してもらうという方法です。病院を受診し、医師の判断によって服用の対象となるかどうかを判断してもらう必要があります。病院を受診し、処方してもらうことのメリットとしては、万が一ゼニカルを服用したことで体調不調や何らかのトラブルが生じた場合に、対処してもらいやすいです。

しかし、病院処方の場合は、値段がそこそこかかります。もちろん、健康保険の対象となるものであれば費用は安く抑えられます。しかし、ゼニカルのように未承認の医薬品を使用するという場合には、保険が適用されません。全額自己負担です。また、扱っていない場合もありますので、確実に手に入れたいというのであれば、事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。

次に、海外通販で購入する方法があります。国内の通販と同じ感覚で比較的簡単に利用できるのです。インターネットを利用することで、手頃な価格で購入できます。

しかし、一方で海外通販で購入した医薬品の中には、偽物が含まれている可能性があります。偽物を知らずに服用した場合には、健康を害する可能性があるので、利用する場合には信頼できるサイトを利用しましょう。

なお、日常的に医薬品を服用していたり、何らかの病気の治療を行っているという場合には、注意が必要です。ゼニカルとの相互作用で副作用がでるかもしれません。その場合は、医師に確認をしてから服用を開始しましょう。体調不良などのトラブルが生じた場合には、服用を中止し、医師に相談しましょう。

医師に相談をする際には、服用している医薬品を持参すると、アドバイスを受けやすいです。ゼニカルを通販で購入する場合には、扱っている製品に対する正規品保障を設けているところや、サポート窓口があるところを選ぶようにしましょう。

ゼニカルはドラッグストアや薬局では購入できない

ドラッグストアでは多くのダイエットサプリが販売されていますが、その中でゼニカルを見つけようとしても見つけられません。また、病院と提携しているような薬局でも気軽に購入することができるというものでもないのです。日本のドラッグストアや薬局ではゼニカルは手に入りません。ゼニカルはサプリメントではなく、治療が必要なほどの肥満の人を対象としている医薬品だからです。

ドラッグストアや薬局では売っていないゼニカルですが、購入する方法がないというわけではありません。一部の病院では取り扱われていますので、事前に確認をしてみる事をおすすめします。扱っている病院は美容クリニックが多いです。ただし、地方ではなかなか扱っているところを見つけるのは難しいでしょう。

病院で処方を受ける場合の価格は病院によって大きく異なります。1箱あたりの価格として安いところでは8000円程度で、高額などころになると3万円以上になるのです。自由診療では、クリニックがそれぞれ価格を設定することができるため、価格に差が出ます。また、ゼニカルの費用に加えて、診察料なども加算されますので、注意が必要です。

そして、病院を受診すれば誰でもゼニカルを手に入れることができるのかというと、そうではありません。ゼニカルはあくまでも重度の肥満の人を対象とした治療薬です。日本人は、諸外国から比べると肥満の人の割合は少ないとされています。病院を受診しても、肥満でないと判断された場合には、ゼニカルを処方してもらえません。

また、医薬品は薬にもなりますが、毒にもなります。ゼニカルに関しては、服用したことで重篤なトラブルが起こる事は少ないです。しかし、それでも服用した時の体調等によっては、悪影響が生じます。

自己判断で服用することは危険なので、注意をする必要があるでしょう。ダイエットサプリのように気軽に購入することができないのは、そのような背景もあるのです。

ゼニカルの購入は海外通販がおすすめ

ゼニカルを手頃な価格で購入したいという場合は、個人輸入という通販を利用しましょう。ED治療薬などを通販している人がいるという事を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。ED治療薬も日本では病院を受診しなければ購入することはできませんが、海外通販で購入は可能です。

それと同じように、ゼニカルも海外から輸入することができるのです。海外から医薬品を輸入する場合は、個人輸入代行サイトを利用することで、国内の通販と同じような感覚で購入できます。病院で処方しらもらった場合と比べると、半額以下の価格で購入できるのです。

いちいち病院に出向く必要もなく、自宅や外出先から気軽に注文できます。実際に使用している人の口コミなどを確認し、服用タイミングを知ることもできるでしょう。

ただし、個人輸入で医薬品を購入するという時には注意点もあります。まず、個人輸入で購入した医薬品は他の人に譲渡・販売してはならないということです。あくまでも購入者本人が使用することを目的としているものなので、譲渡や販売をした場合には、薬機法に違反します。

また、使用に関しては全て自己責任で行うというものです。代行サイトとひと口に言っても、古くから運営されているところもあれば、新しいところもあります。正規品保障をしているところもありますが、偽物を扱っているところもあります。手元に届いた医薬品が正規品か偽物かを判断することは素人ではなかなか難しいです。服用した結果、健康を害したという場合でも、それは購入者本人の責任となります。

ゼニカルを正しい方法で利用することができれば、ダイエットに成功できる可能性は非常に高いです。ダイエットには運動や食事制限がかかせませんが、結果を実感するまでにはある程度の時間が必要となります。しかし、ゼニカルであれば、比較的短期間で結果を実感することができるのです。個人輸入は危険な一面もありますが、ゼニカルを手に入れたいという人には有効な方法とも言えます。