ゼニカルの効果がすごい!痩せる理由

NO IMAGE

ゼニカルの効果で痩せる理由

ゼニカルを飲むと痩せる理由は、脂肪の吸収を抑制してくれるからです。
ゼニカルは、食事で摂取した脂肪分の吸収を阻害します。食事で摂取した脂肪は、分子が大きいので、なかなか体内に吸収されません。脂肪が吸収されるためには、脂肪を小さく分解してくれる酵素が必要です。
ゼニカルを食事の際に飲むことで、この脂肪を分解する酵素が抑制されます。ゼニカルの有効成分である「オーリスタット」が、脂肪の吸収を邪魔してくれるのです。この働きにより、脂肪が体内でうまく吸収されず、体の外に排出されます。
強制的に脂肪が排出されるため、ゼニカルを服用するだけで、普段の食事を変えずにダイエットが可能です。肥満の治療に用いられている薬なので、ダイエットサプリでは痩せられなかった人でも効果を実感できるでしょう。特に油っこいものが大好きな人には効果てきめんです。
ゼニカルを飲むだけで、食事で摂取した油が約30%もカットされます。体に吸収されなかった油分は、便と一緒に排出されます。そのため、ゼニカルを飲み始めてみると、便の状態に変化があらわれるでしょう。オレンジっぽい油が便とともに出てくるので、初めて見た人はトイレで「やばい!」と思うかもしれません。しかし、体に異常があるわけではないので安心してください。
ただし、ゼニカルを飲んでいるからといって、暴飲暴食をするのはもちろんダメです。ゼニカルは脂肪を燃焼してくれるわけではないので、これまで以上にカロリーをとっていれば痩せません。また、食べている量が元から極端に多い人は、ゼニカルのみでダイエットをするのは困難です。本気で痩せようと思うなら、食事を少し減らしたり、運動をしてみたりするとよいでしょう。
ゼニカルを飲むことで、食事制限をする必要がほとんどなくなり、ストレスが軽減されます。ダイエットをしているときは、少しでもカロリーの低いものを食べようと神経質になりがちです。しかし、ゼニカルを飲んでいれば、そこまで厳密に管理する必要がなくなります。
食中または食後に1錠を服用するだけなので、いままでがんばっても痩せられなかった人にはおすすめです。

ゼニカルの効果を感じるまでの期間

ゼニカルには、急激に体重を落とす効果はありません。体内の脂肪を燃やす効果はなく、摂取した脂質を体外に排出してくれる薬です。このため、実際に痩せたと感じられるまでには時間がかかります。
痩せたと実感できるまでの期間は、およそ2週間から3週間ほどです。生活習慣や食事の内容によって痩せるまでの期間も異なります。
用法・用量を守って、ゼニカルの服用を毎日続けていけば、徐々に痩せていきます。2週間ほどゼニカルを飲んでいれば、少しずつ体重が落ちてくるでしょう。体重が落ちるペースは個人差が激しいので、「必ずこの期間で痩せる」とは言い切れません。ただ、ネットで口コミを見ていると、1カ月で2kgから5kgほどは減ると言われています。目標体重や元の体重にもよって、ゼニカルを飲むペースや頻度を調整してみてください。10kgほど減量したい人は、一気に落とすと体への悪影響も考えられるので、6カ月ほどはかけて徐々に痩せることをおすすめします。
「体重は減ってきているけど思ったより痩せない」と感じた人は、様子を見ながら辛抱強く続けてみてください。ゼニカルを飲んでも、1日や2日で急激に体重が落ちるわけではないので、毎日忘れずに飲み続けることが大切です。数カ月にわたってまったく痩せない人は、日々の食事や生活を見直してみてください。食事の量が極端に多い上に運動不足な人は、ゼニカルだけで痩せるのは難しいかもしれません。あまりにもゼニカルの効果が感じられないなら、自身の生活を改善することも考えましょう。
ゼニカルを飲んですぐには痩せませんが、トイレで油が出てくると効果が実感できます。通常、食べたものを消化して排出するまでには、1日ほど時間がかかります。このため、ゼニカルを飲んだ次の日にトイレへ行ったら、便の様子に注目してみてください。あまりキレイな話ではありませんが、「ゴッソリ出ている!」と効果を感じてスッキリする人もいます。このように、目に見えて効果が実感できると、モチベーションの持続にもつながるでしょう。
また、ゼニカルを1錠飲んだときの効果は、どれくらい持続しているのでしょうか?ゼニカルは、食後1時間以内に飲む薬です。ゼニカルを飲んでから効果が持続する時間は、1時間から2時間ほどです。服用してから30分ほどで血液濃度が高くなり、1時間ほど経つと効果が少しずつ落ちていきます。そして、ゼニカルを飲んでから2時間が経てば、効果はほとんど消えます。
このため、朝・昼・晩と3食とる際、次の食事の時間まで効果がずっと続いているわけではありません。このため、毎食ゼニカルを服用する必要があるのです。
ゼニカルの服用を辞めると、72時間以内に油の排出はなくなります。これに伴い、便も通常の状態に戻ります。

ゼニカルの効果があらわれやすい人の特徴

ゼニカルは痩せる薬ですが、すべての人に平等に効果があらわれるわけではありません。まったく効果がないということではなく、効果が出やすい人と、あまり効果が出ない人がいます。
では、なぜこのように効果に差が出るのでしょうか?実は、太っている人のほうが効果が出やすいというわけでもありません。一番重要なことは食事内容です。ゼニカルは脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるので、油っこい食事を摂っている人のほうが効果がより高くあらわれます。元の体質により、脂肪が体内に蓄積されてしまう人は、かなり高い効果を期待できます。脂肪分を30%もカットしてくれるので、ゼニカルを飲んでいて太るということはないでしょう。
逆に、普段からあまり油っこいものを食べていない人には、効果があらわれにくいと考えられます。このような人は、正直に言うと、ゼニカルを使ってもあまり痩せない可能性があります。その場合は、別の方法でダイエットをするのが得策です。
このように、ゼニカルの効果は、普段の食事でどれだけ脂肪分を摂取しているかによって差が出ます。
例として、焼肉やラーメン、唐揚げなどを食べた時はより効果を発揮してくれます。しかし、サラダなどのあまり油分が入っていないものを食べたときは、ゼニカルを飲んでも効きません。
そのため、カロリーを気にしてサラダや海藻などを中心に食べている人は、ゼニカルがほぼ必要ないと言えます。こういった人は、飲み会や食事会などで自由に食べるものを選べないときにだけ、ゼニカルを飲むのがおすすめです。
ゼニカルは脂肪・油分の吸収を抑えてくれるので、炭水化物が大好きな人には向いていないでしょう。糖質の吸収は抑制できないので、そこは自分で管理する必要があります。自身の食生活や太ってしまった原因を考えることが大切です。
太ってしまう原因は、大抵の場合は脂質の摂りすぎなので、多くの人には効果があらわれるでしょう。ただ、より効果が出やすい人は、普段から油ものを好んで食べている人だと言えます。